ウィズライフの外壁はココが違う!特長やこだわりを調べてみた!

ウィズライフの外壁はココが違う!特長やこだわりを調べてみた!

こんにちは。
先日マンション経営をしている知人が、
「外壁を新しくしてから想像以上に入居者が増えた!」と嬉しそうに言っていました。

ウィズライフという会社にお願いしたらしく、工事後の建物は新築のように綺麗でとても驚きました。
一体、他社とどんな違いがあるのでしょうか?

今回はウィズライフの外壁についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

外壁の印象は入居率に繋がる!?

外壁は最初に目に入るところです。
いわば建物全体の第一印象を決めるものになります。

最近は新築マンションが増えていることから立地がいい、間取りがいい、家賃が安いだけでは空室が埋まらない時代となっています。
そのため外壁の手入れは必須なのだそう。

また、外壁が綺麗になると新規の入居者だけでなく住民の満足度も上がり退去防止に繋がります。
空室を埋めるために家賃を下げるよりも、外壁を綺麗にする方が効率的とも言われています。

ウィズライフが考える外壁塗装のタイミング

いざ外壁塗装をしようと思ってもどのタイミングで始めればいいのか迷いますよね。
ウィズライフでは、外壁に次のサインが見られたら塗り替えのタイミングとしています。

外壁塗装のタイミング:第1段階

ウィズライフの外壁はココが違う!特長やこだわりを調べてみた!

【チョーキング】
外壁を触った時に指に白い粉が付着すると塗膜が劣化している可能性が考えられます。
チョーキング現象は防水性が失われた状態で雨水が侵入しやすくコケやカビの原因となるため塗り替え時期となります。

【タイル汚れ】
タイルは親水性が高く、表面の汚れが雨と一緒に落ちやすい特性がありますが、年数が経つにつれその効果が減少します。
全体的に汚れが目に見えてきたらメンテナンスを意識しましょう。

外壁塗装のタイミング:第2段階

ウィズライフの外壁はココが違う!特長やこだわりを調べてみた! ウィズライフの外壁はココが違う!特長やこだわりを調べてみた!

第2段階の症状が見受けられたら早急なメンテナンスが必要となります。

【クラック】
クラックとはひび割れのことを指します。
クラックを放置していると雨水が侵入しやすくなり外壁の劣化を早める要因に。
とくに横ひびには要注意です。

【シーリングの劣化】
サイディング外壁によくみられる症状です。
目地に隙間がある、もしくは硬化やひび割れがある状態は注意が必要です。

【カビやコケ】
防水性が低下すると湿気の影響から外壁表面に微生物が繫殖しカビやコケが発生します。
放置すると腐食する恐れがあります。

【タイルのひび・欠け・浮き】
温度変化によって膨張や収縮を繰り返すとタイルにひび割れ・欠けが起きます。
また、次第に付着力が低下し下地とタイルの間に浮きが発生します。

外壁塗装のタイミング:第3段階

ウィズライフの外壁はココが違う!特長やこだわりを調べてみた!

第3段階の症状が見受けられたら外壁塗装の前に躯体の修繕をする必要があります。

【浮き・膨れ】
浮きや膨れは美観を損ねるだけではなく雨水が侵入しやすくなり、構造材がもろくなる原因になります。

【タイルの剥がれ】
全体的にタイルが剥がれている場合は外壁全体・内部の劣化が進行している可能性があるため全面的な修繕が必要となります。

建物の外壁が3段階の症状に当てはまったら工事必要のサインとなります。
まずは建物がどの段階にあるのか知ることが大切なので外壁を実際に触って観察してみることから始めてみましょう!

画像元:ウィズライフ

スポンサーリンク

ウィズライフの外壁は他社とココが違う!

ウィズライフは、大切な資産を価値があるまま後世に継承したいという思いから知識と豊富な技術力で外壁工事を行っています。

調べてみると、他社とは違う、ウィズライフならでは特長がいくつかあったので一つずつ紹介していきたいと思います。

外壁材を長持ちさせる下地調整

外壁工事を行う上で最も重要な工程が下地処理と補修です。
これらが適切に行われていないと、劣化・汚れた状態の上に新しい塗料を塗ることになり剥がれや膨れの原因となります。

ウィズライフでは下地調整として高圧洗浄・ひび割れ・ケレン処理を行っています。
付着した汚れやカビを落とし、ひび割れを補修して表面を平滑にすることで塗料の性能を十分に発揮することができます。

手間を省くため下地調整をしない会社もありますが、ウィズライフでは重点的に行っているため下地調整をしていない会社よりも外壁の品質を長く維持することができるそうです。

相談からアフターフォローまで一貫対応

ウィズライフではオーナーからの相談をはじめ、打ち合わせ、工事、アフターサポートまで自社で一貫対応しています。
そのため、コミュニケーションが蜜にとれ設計と施工内容との食い違いが少なく工事を進めることができます。
また、下請けへの依頼料が不要なので全体的にコストを抑えることも。

最初から最後まで一貫して任せれるところはオーナーにとって安心できるポイントだと思います。

外壁だけでなく不動産の活用までサポート

外壁工事をして終わりでなく入居率を向上させるアドバイスやコンサルティングも行っています。
市場調査や土地の売買、相続対策まで高い総合力で賃貸経営に関する不安までも解決へと導いてくれます。

知人も言っていましたが、マンション経営は先が読めず悩むことがたくさんあるそうです。
その時ウィズライフのように頼れる存在がいると安心できそうですね。

ウィズライフは外壁塗料が豊富!

ウィズライフの外壁はココが違う!特長やこだわりを調べてみた!

外壁工事に欠かせないのが塗料です。
ウィズライフでは6つの塗料を扱っています。

  1. アクリル塗料
  2. ウレタン塗料
  3. シリコン塗料
  4. フッ素塗料
  5. ラジカル塗料
  6. 無機塗料

塗料は建物の特性や立地条件、周辺環境に適したものを選ぶことが重要となります。
そのため種類が多いほど条件に合う塗料が見つかりやすく最適なものを選ぶことができます。
ウィズライフは6種類と豊富な数なので適した塗料が見つかると思います。

また、しっかり現地調査を行いどの程度の耐久性が必要かを分析。その結果に応じて最適な塗料を提案してくれるそうです。

塗装会社のなかには扱う塗料が少なく、在庫が余っているものを優先して使うといったところもあるみたいなので、ウィズライフは塗料ひとつ取ってもサポートが手厚いなと思いました。

スポンサーリンク

ウィズライフの外壁工事は他社と比較してもおすすめできる会社!

ウィズライフの外壁はココが違う!特長やこだわりを調べてみた!

ということで、今回はウィズライフについてお話しました。

外壁はまじまじと見る機会が少なく見落としがちですが、劣化を放置していると建物全体に影響を及ぼす原因となります。

マンション経営において空室は絶対に避けたいものですよね。
安定した収益を保つためにも外壁工事は欠かせないものだと思いました。

また、ウィズライフは一貫対応であることや下地調整を行うこと、塗料の種類が多いなど他社とは違う特長があり安心できる会社だと分かりました。
知人のマンションが綺麗に仕上がったのにも納得です。

外壁のことなら全て任せられるのでおすすめできる会社だと思います!