ダニに噛まれたらどうする?対処法は?予防・対策グッズ3選

春ですね~。
やっと寒さが落ち着いて過ごしやすい気候になってきたのに、新型コロナウイルスのせいで国中がバタバタしている気がします(・_・;)
早く収束してほしいですが、保育園を始め自粛できない業種は仕事を続けなければいけないので、なかなか難しいなと思う今日この頃です。

さて、春になると花粉症などのアレルギーで悩む人が増えてきますが、実はダニも活動を活発化する季節。
蚊と違っていつまでもしつこい痒みを残すのもダニの特徴です。
日本人はダニアレルギーの人も多いので、ダニ被害はできるだけ受けたくないですよね。
そこで今日は、ダニに噛まれたときの対処方法や噛まれないための予防・対策グッズについて調べてみました。

日本の屋内で見られるダニの種類

日本に住む私たちがダニ被害に遭うのは主に家の中、屋内がほとんどです。
ここでは、日本の屋内に見られるダニの種類を紹介します。

ツメダニ

この種類のダニがいわゆる、“人を噛む”ダニです。
ツメダニにはミナミツメダニやフトツメダニという2種類が判明していて、全体の5%ほどと、次に紹介するチリダニなどと比べ生息数は少ないですが、0.4mm~0.8mmと他のダニに比べ大きく、人を噛むことによって感染症を広げる恐れのある危険なダニです。
ツメダニに噛まれると、患部が赤くなり強い痒みを感じます。
患部付近を何度も噛むことが多く、噛んだ跡が広範囲にわたって広がっている場合はツメダニの可能性が大きいです。

湿度が高く、過ごしやすい気温の時期に繁殖するため、6月の梅雨の時期や秋に多く発生します。
また、チリダニやイエササラダダニなどの小型のダニを餌とするため、他のダニが集まる畳などを根城にすることが多いようです。

チリダニ

日本の家の中で一番多く見られるダニは、このチリダニと言われています。

チリダニにはコナヒョウヒダニとヤマヒョウヒダニの2種類がいますが、この2種類のダニが日本の屋内に住むダニの8割から9割を占めているのだとか。このチリダニは人を噛まないダニなのですが、だからといって無害かというとそうではありません。フンや死骸が布団やカーペットなどに残ることでくしゃみや鼻水などのアレルギー症状を起こすことがよくあるので、こまめな除去が必要です。

湿度60%~80%、気温22℃~28℃の5月~7月くらいに活動が活発化します。
大きさは直径0.2mm~0.3mmとかなり小さいダニです。

イエササラダダニ

イエササラダダニはチリダニと同じく噛まないダニで、屋内に生息するダニの1割を占めていると言われています。

築二年ぐらいまでの新築一戸建てを好み、マンションなどの集合住宅にはあまり見られないようです。
こちらも0.3mmほどの小さなダニです。

コナダニ

コナダニは0.4mmほどの小さなダニで、高温多湿の夏に活発になります。
人を噛むことはありません。
カビや保存状態の悪い食品に大量発生することがあるため、食品の保存には注意しましょう。

ニクダニ

ニクダニはコナダニと同じく人を噛まず保存状態の悪い食品につくため、同じく食品の保存には注意しましょう。

以上のことから、私たちが屋内で痒みを伴うダニ被害に遭った場合はほぼ100%ツメダニの仕業ということですね。
他のダニより大きくて噛むなんて怖いわ~(;^_^A

ダニに噛まれるとどんな症状が出る?

比較的すぐに痒みが治まる蚊と違い、ダニに噛まれると痒みが長時間持続します。
長い場合は10日間ほど強い痒みが続くようです。
ダニに噛まれた場合、すぐに痒みが出るのではなく、噛まれてから5~6時間ほど経ってから痒みが出る傾向にあります。

ダニに噛まれたときの対処法

ツメダニに噛まれてしまった場合、噛まれた場所を掻いてしまうと痒みが広がってしまうので、まずは水で患部を洗い流しその後かゆみ止めを塗るようにしましょう。

また、患部を冷やすのも痒みを抑えるのに効果的です。
痒みが軽い場合は市販のものでも十分ですが、痒みがひどい場合は皮膚科で治療薬を処方してもらいましょう。

ダニ被害を予防するためには、ダニの繁殖しやすい環境を作らないことが大切

ダニに噛まれると、なかなか痒みが治まらずイライラしてしまうことが多くなります。
こうしたダニに噛まれる被害を抑えるためには、なるべくダニの発生を防ぐ環境づくりが大切です。
高温多湿の日本はダニが繁殖しやすい環境のため、こまめに部屋の換気や清掃、布団干しなどをおこない、ダニを増やさないよう気をつけましょう。

ダニ噛まれを予防・対策するグッズで忙しい世帯もダニを撃退!

ダニ被害を予防するためには掃除をするのが一番ですが、共働きや子育て、介護などで忙しいご家庭では、毎日のように家の掃除を徹底することは難しいですよね。

そんなご家庭には、ダニ被害を予防、対策するグッズがおすすめです。
とはいえダニ対策のグッズはたくさんあり、どれを使えばいいのかは悩みどころです。
そこで、おすすめのダニ対策グッズを3つご紹介します!

ダニ噛まれなどの被害を予防・対策するグッズ① サヨナラダニー


画像引用:株式会社イースマイル公式オンラインショップ

まずご紹介するのは、シートを敷いて放置するだけでダニを生きたまま捕獲し排除できる、「さよならダニー」

株式会社イースマイルから出ている商品で、価格は1,480円とお手頃価格。
これの何がすごいかというと、掃除機で吸い取り可能なダニの死骸だけでなく、ダニ被害の大元である生きたダニも簡単に取り除くことができること!
生きたまま取り除けるということは、ダニに噛まれて痒いという思いもしなくてよくなりますね(*^-^*)

しかも2か月間有効で、有効期限が過ぎたらシートを取り替えるだけなので簡単。
布団などの丸洗いできないものは、今までいちいち掃除機で隅から隅まで吸い取っていたのですが、これを使えば、そんな大変な思いをしなくても格段にダニ被害を減らせそうですよね (*‘ω‘ *)

子供が誤って口に入れるようなこともなさそうなので、子供が小さいご家庭でも安心して使えそうなところも◎!
ちなみに1シート約25万匹、1袋で100万匹ものダニを捕獲することができるそうです。
布団やソファー、畳などの範囲の広い物におすすすめです。

ダニ噛まれなどの被害を予防・対策するグッズ② ダニがいなくなるスプレー


画像引用:KINCHO公式サイト

さきほどのシートタイプの「さよならダニ―」とは違い、「ダニがいなくなるスプレー」はスプレータイプのダニ対策グッズです。
Amazonなどで購入できます。

価格は800円ほどで、こちらも購入しやすい価格。
蚊取り線香で有名なKINCHOから販売されています。
説明によるとダニの活動があまりない夜に対象にスプレーしておくと、日中にダニが動いた時に薬に触れて死ぬのだとか。
こちらはぬいぐるみとか、あまり大きくないけど洗濯できないようなものに向いてそうですね!
スプレーしてすぐは液が乾かないので、小さな子供が舐めたりしないように子供が寝た後に使うことをおすすめします。

一度スプレーすると1ヶ月持続するので、月に一度のスプレーでよさそうです(*‘ω‘ *)

ダニ噛まれなどの被害を予防・対策するグッズ③ ダニクリンまるごと防ダニ仕上げ


画像引用:UYEKIオンラインショップ

UYEKIという会社が販売している「ダニクリンまるごと防ダニ仕上げ」は、洗濯の際に洗剤感覚で入れるだけでダニ予防ができる優れもの!
価格は小売価格で1,320円です。

ダニはとてもしぶといので、ダニのついているシーツなどを洗濯しても殺すことができないそうです。
それなら天日干しにすればいいという話ですが、干してもしっかり掃除機かけないと死骸が残ってアレルギーの元となりますし、ダニは日の当たらない方に逃げるので、布団を干しても実はまだ生きていることもあるのだとか。

でもシーツを洗濯ついでにダニも予防できる「ダニクリンまるごと防ダニ仕上げ」を使えば、生きているダニを排除することができるので、ダニアレルギーやダニ噛まれの心配がなくなり快適に過ごすことができそうです(*^-^*)