老犬はトリミングを断られる事がある!その理由と解決策を調べてみます

老犬はトリミングを断られる事がある!その理由と解決策を調べてみます

先日友達夫婦のお家に遊びに行ってきたのですが、そこにはかわいらしいワンちゃんがいて犬好きの私はすっかりその子にくぎ付け…💕
友達との話題はめっきりワンちゃんのことで盛り上がったのですが、その時に友達がこんな事を言っていました。

いつもトリミングをお願いしていたところが閉店しちゃって、
新しい所に連れて行ったんだけど年齢聞いて断られちゃった・・・

 

確かにその子はもう老犬と言われる年齢なのですが、老犬だとトリミングを断られる場合があることを知らなかった私はとてもビックリ!
断られる理由って一体なんなんでしょうか?
疑問に思ったので今回は老犬がトリミングを断れる理由や解決策について調べてみようと思います!

スポンサーリンク

老犬のトリミング、必要性はある?

老犬のトリミング、必要性はある?

どんなに元気いっぱいのワンちゃんでも老犬になると体力や免疫力が落ちますよね。
そのためわざわざトリミングに連れ出さなくて良いのではないかな?なんて勝手に思い込んでいましたが、老犬でも最低限のトリミングは必要だそうです。

というのも、老犬になると排泄や食事が上手くできなくなることで身体が汚れやすくなったり、免疫機能低下によって皮膚病を起こしやすくなります。
トリミングを怠ることで清潔な状態を保てなくなってしまい、健康にも悪影響が出る可能性があるので、愛犬の健康を維持するためにもトリミングは必要なのです。

特にトイプードルやマルチーズなどのカット必須犬種においてはトリミングせず放置することで毛玉が出来て不衛生な状態になってしまうそうなので、定期的なお手入れを心がけてあげてくださいね!
トリミングは愛犬をかわいくするためだけでなく、健康を守るためにも必要なことを覚えておきましょう。

老犬はトリミングを断られる場合あり!その理由とは?

老犬はトリミングを断られる場合あり!その理由とは?

老犬でもトリミングが必要なことがわかったものの、私の友達が言っていたように老犬だとトリミングを断られる可能性があります。

しかし、なぜ“老犬”だと断られてしまうのでしょうか?
その理由について調べてみると、老犬の施術は若いワンちゃん達よりも慎重にトリミングをする必要があるからだということが分かりました。

歳をとった老犬は若い頃よりも体力や筋力が衰退してしまうため、立ち姿勢をとれない子もいますし、たとえ立てても長時間その姿勢をキープし続けることは難しいケースがあるそうです。
また、トリミングの最中に体調を崩してしまったり補助が必要になることもあるため、通常のワンちゃん達よりも慎重にトリミングをする必要があるんだとか。

こういった理由からスタッフ側で対応が難しいと判断した場合は断られることがあるとのことでした。
理由を知ると『確かにな~』と思わされることばかりですね。

老犬でなくてもトリミングを断られる可能性はある!

ちなみに、「老犬」でなくてもトリミングを断られることはあります。
その理由のひとつに飼い主さんが関係してくるようです。
スタッフさんから見て「この飼い主さんは信用できない」と判断されてしまうとトリミングを断ることがあるんだとか…!

この“信用できない”に当てはまる飼い主さんについて例を挙げるとすると、

予約時刻に毎回遅刻してくる
当日キャンセルや無断キャンセルが多い
愛犬のノミやダニの予防を行っていない
一般的に定められているワクチンを未接種

などです。
つまり、周りに迷惑を掛けないように基本的なことが出来ていればトリミングを断られることはそう無いので、気を付けましょうね♪

スポンサーリンク

“老犬”という理由でトリミングを断られたら・・・

“老犬”という理由でトリミングを断られたら・・・

老犬のトリミングはリスクが伴うためお店側に断られてしまうのは仕方が無いことなのかもしれないと思いましたが、愛犬の健康のためにもトリミングは必要です…
断られてしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?

セルフトリミングをする

老犬になったらトリミングサロンを使用せず、自身で愛犬をトリミングするという選択肢があります。
トリミングにはバリカンを使用するため注意が必要ですが、わざわざサロンへの移動をさせる必要が無いため、体力の無い老犬にとってはメリットです。
慣れないうちは時間がかかってしまう可能性が高いですが、身体にかかる負担を減らすためにも短時間でお手入れを済ますことを心がけましょう!

老犬受け入れ可能なトリミングサロンを探す

「8歳からはカット出来ません」や「10歳までだったら受け入れられます」というトリミングサロンがある中、「16歳でも受け入れますよ」というところがあるなど、受け入れてくれる条件はトリミングサロンによって様々です。
めぼしいトリミングサロンを見つけたら一度電話などで何歳まで受け入れてくれるか確認してみると良いでしょう。

ちなみに、新規の老犬は受け入れていないところでも、パピー犬の頃から利用している場合は老犬になってからもそのままカットしてもらえる可能性が高いので、お店の閉店や引っ越しなどよっぽどの理由が無い限りはワンちゃんのストレスにもなるので行きつけのサロンに通い続けることをおすすめします!

トリミングサロンが併設された動物病院を探す

動物病院によってはトリミングサロンが併設されているところがあるため、そういった施設を利用するのも手です。
老犬というだけでなく持病持ちの子でも、獣医師が常駐しているので他のトリミングサロンに比べて受け入れてもらえる可能性が高いという特徴があります。

老犬受け入れOK!トリミングサービスを行う施設をご紹介

老犬受け入れOK!トリミングサービスを行う施設をご紹介

では、最後に老犬でもトリミングを受け入れてくれる施設を一か所だけご紹介して終わろうと思います!

今回ご紹介するのは『THEケネルズ東京』
老犬ホームとペットホテルが合わさった施設で、トリミングサービスも行っています。
THEケネルズ東京は、以下のような特徴があるようです。

🐶老犬利用可能
🏠トリミングのみ可能
💭お悩み相談可能

シニア犬のトリミングについて
当店ではご新規のお客様の年齢制限を設けておりません。
シニア犬にとっては通い慣れた場所、慣れたトリマーに担当してもらうのが最もストレスが少ないと考えられます。
ですが、サロンの閉鎖やトリマーの退職、飼い主様のお引越しなどやむを得ない理由でトリミングサロンの変更を余儀なくされる場合があります。
当店では、ご愛犬の状態や飼い主様がお困りのことについてのカウンセリングをさせていただいた上でご新規のシニア犬のトリミングを承っております。
ご愛犬が清潔な毎日を送るためのお手伝いをさせていただきますのでご相談下さい。
若い頃はトリミングを嫌がらなかったのにだんだん我慢ができなくなって嫌がるようになった、トリミングテーブルの上でじっとしていられなくなった、足腰が弱って立っていられない等々はシニア犬にとっては仕方のないことです。そういった場合は、安全のためサポートをつけて施術いたします。(※サポート料金が加算されます)

引用:トリミングサービス|THEケネルズ東京 老犬ホーム&ペットホテル

新規の老犬を受け入れてくれるトリミングサロンは多くはないので、なかなか良いサロンが見つからないという方はTHEケネルズ東京を候補に入れてみても良いかもしれません。
カットだけの利用はもちろんのこと、いざとなった時の預け先としても利用できるのでおすすめですよ♪