「子供のやる気を引き出す4つの方法」親の行動次第で大きく変わる!

「子供のやる気を引き出す4つの方法」親の行動次第で大きく変わる!

保育士をしているとよく保護者から
「子供のやる気を引き出す方法を教えて欲しい」という相談を受けます。

このブログを読んでくださっている方の中にも、自主的に取り組んで欲しいという気持ちから、つい口うるさい言葉を子供に言ってしまった経験をお持ちの方がいると思います。

でも実は、子供のやる気を引き出すには親の意識・行動を少し変えるだけで十分な効果を得ることができるのです。

今回はそんな子育ての悩み子供のやる気を引き出す方法についてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

子供のやる気を引き出す4つの親の行動

「子供のやる気を引き出す4つの方法」親の行動次第で大きく変わる!

「子は親の背中を見て育つ」と言われるように子供のやる気は親の習慣や考え方、家庭環境などによって左右されます。
子供のやる気を引き出すためには、まず親が行動に注意してみましょう。

①:子供のやる気が出やすい環境を整える

子供のやる気を引き出すためには子供が集中できる環境を作ってあげることが大切です。
例えば勉強のやる気を出して欲しい場合は、スマホやゲームがない空間を作り勉強スペースを確保してあげます。

さらに、空間を整えるだけでなく親の行動も大切で子供が集中している横でダラダラとテレビを見ていたり、スマホをいじっていると子供のやる気を削ってしまいます。

子供は親の真似をして育ちます。
親も勉強する、家事をするなど何かに一生懸命に取り組む姿を見せることが大切です。

②:子供がチャレンジしやすい目標を一緒に設定する

子供は大人のようにプロセスを立てて目標達成をしていくことが難しいです。
そのため、いきなり難易度の高い目標を与えてしまうとやる気を失ってしまいます。

子供のやる気を引き出すためには、子供でも理解でき、チャレンジしやすい小さな目標を設定してあげるのがおすすめです。

目標を達成できたら次の小さな目標を一緒に考え常に目標を達成するという成功体験をさせてあげましょう。
次第に、目標があればやる気を出して取り組むようになります。

③:子供がやる気出したら褒めてあげる

子供がやる気を出したら、まず褒めてあげましょう。
それがどんなに小さな行動(数分だけ勉強する)だったとしても子供にとっては大きな進歩です。

親から褒められると子供は嬉しい気持ちになり、「また褒められたい」という気持ちが生まれ次もやる気を出しやすくなります。

ただ、褒めるときにお菓子やおもちゃなどご褒美をあげることは注意が必要です。
ご褒美があることでその時は頑張りますがご褒美がなくなった途端にやる気も低下してしまう可能性があります。

褒めの言葉だけでも十分なので物はあげすぎないようにしましょう。

④:「失敗しても大丈夫」というスタンスでいる

子供に限らず挑戦することは勇気のいることです。
完璧を求めすぎてしまうと子供にプレッシャーを与えてしまいます。

「失敗しても大丈夫」というスタンスでいてあげることで子供は失敗を恐れず色々なことにやる気を出してチャレンジすることができるようになります。

失敗は付き物なのでそこから何を学ぶかを教えてあげましょう。

子供のやる気を引き出す褒め言葉と褒め方

子供のやる気を引き出すためには、子供にかける言葉や褒め方も重要になります。
とくに「がんばったね!」「よくチャレンジしたね!」という2つの言葉は子供にとっても分かりやすいポジティブな言葉で素直に受け止めてくれます。

また、褒め方として効果的なのが人前で褒めることです。
本人を直接褒めることも大切ですが家族や先生、友達、友達の親などの前で「○○(子供の名前)は~を頑張った/頑張っている」と間接的に褒めてあげると、直接褒められた感覚とは違う成功体験を得ることができます。

様々な成功体験を味わうことで子供は自信を持ちやる気を出すようになります。

スポンサーリンク

子供のやる気を奪う言葉

「子供のやる気を引き出す4つの方法」親の行動次第で大きく変わる!

子供のやる気を引き出す言葉があれば反対にやる気を奪う言葉もあります。

それが、「早く○○しないさい」「なんで出来ないの!」
この2つです。

子供がやる気を出す前につい早く早くと急かしてしまいますが、子供としては「やろうと思っていたのに・・・」という気持ちがあります。

自発的な行動力を育てるためにも子供のやる気と行動力を信じて待ってあげることが大切です。
親の焦りは子供に伝わってしまうので気をつけてくださいね。

「なんで出来ないの!」がダメな理由は、なんで?と聞かれても子供にはその要因がまだ分からない場合があるからです
子供は失敗して成長していきます。
出来なかった時はなんで?と問い詰めるのではなく、「次はどうしたらいいかな?」と一緒に考えてあげてください。

子供をコントロールするような言葉はやる気を奪ってしまうので無暗に使うのは控えるようにしましょう。

子供のやる気を引き出す「ヤハギ式 7つの問いかけ」

子供のやる気を引き出す方法として、株式会社コスモトゥーワンから出版されているこちらの本を読むのもおすすめです。
『100%子供に夢とやる気をもたせる!!』

「子供のやる気を引き出す4つの方法」親の行動次第で大きく変わる!
引用:コスモトゥーワン

長年経営コンサルタントとして300社以上の大企業をコンサルしてきた著者の矢矧晴一郎(やはぎせいいちろう)さんが各社の業績を伸ばしてきた成功体験から人々にやる気を持たせる「質問」を考案。
この本では矢矧さんが考えた7つの質問と実例が紹介されています。

著者の実体験で、母親に暴力を振るったりして荒れていた男子高校生に著者がいくつかの質問をしたところ最終的に彼の好きなことを一緒に見つけだし、これから挑戦したいことの答えを引き出すことに成功したそうです。
結果、彼はアルバイトでお金をためフィリピンへ留学しました。

ここで言いたいことは、現在の日本の子供にやる気を持たせるためには「質問力」が必要とのことです。
大人たちがどのように子供に質問すればやる気を引き出せるのか?
その答えが分かれば子供のやる気を引き出せると言います。

きっと今の悩みを解決するヒントが得られると思うので興味のある方はチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

子供のやる気を引き出せるかは親の行動次第!

今日は子供のやる気を引き出す方法についてお話しました。

子供のやる気は親の行動によって大きく左右されます。
チャレンジしやすい目標・環境を整えてあげて、行動したことを褒めてあげる。
そうすることで子供も自らやる気を出してくれるようになります。

1日でも早くやる気を出して欲しい気持ちもあると思いますが、無理にやらせるのではなく子供のペースを尊重しながらゆっくりと着実に進歩していくことが大切です。

将来、子供が自主的にやる気を出せるよう焦らず育んでいきましょう。