自毛植毛の費用とは?相場を調べてみた!

自毛植毛の費用とは?かかる費用について調べてみた!

最近、薄毛に悩んでいる父に「自毛植毛をしてはどうか」と提案してみました。

父の悩んでいる姿を見て、母も自毛植毛をさせてあげたいと言っているのですが…
やはり気になるのが自毛植毛の費用。
家計に大きく影響するので費用のことはしっかり把握しておきたいと母が呟いてました。

そこで今回は、自毛植毛と自毛植毛にかかる費用について調べたいと思います。

スポンサーリンク

自毛植毛とは?

そもそも自毛植毛とはなんでしょうか?
自毛植毛とは「自分の髪の毛を薄毛が気になる箇所に移植する」AGA治療法の一つです。

移植する毛を採取するのは、AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部から。
健康な毛を皮膚組織ごと移植するので、移植部分は他の毛と同じように半永久的に生え続けるという仕組みになっています。
これなら確実な効果が期待できそうですね(*^-^*)

自毛植毛には2種類の方法がある

自毛植毛は自分の髪の毛を薄毛箇所に移植する治療法だと説明しましたが、移植する毛根の採取方法には現在FUT法FUE法の2通りあるようです。

【FUT法とは】
FUT法は毛根採取にメスを使用する方法で、頭皮の一部を切り取って毛根を移植します。
FUT法は移植後の生着率が高いというメリットがありますが、メスを使用するため頭皮に傷跡が残るというデメリットがあります。

【FUE法とは】
FUE法はFUT法と違い毛根採取にメスを使用しない方法で、頭皮の一部をパンチでくり抜いて毛根を移植します。
FUE法はメスを使用しないため術後の傷跡がほぼ残らないというメリットがありますが、その代わり生着率がFUTと比べると低いというデメリットがあります。

自毛植毛のメリットとデメリットについて

そんな薄毛治療法の1つである自毛植毛にもメリット・デメリットがあるはずということで調べてみました。

自毛植毛のメリット

自毛植毛の最大のメリットは副作用や拒絶反応が少ないこと。
移植するのは自分の髪の毛なので感染症といった炎症を起こすリスクが低く、安全面を考慮して治療をすることができます。

自毛だから移植後も馴染みやすくナチュラルに仕上げることができるそうです。

自毛植毛のデメリット

一方で自毛植毛にはデメリットもあります。

例えば、治療をしてから効果を実感するまでに時間がかかることです。
自毛植毛は移植した髪の毛が一度抜け落ちてから新しく生え変わる仕組みなので、10cm伸ばすのに1年ほどかかると言われています。

なので、今すぐに効果を実感したい方は自毛植毛に向いていないかもしれません。

スポンサーリンク

自毛植毛と人工毛植毛の違い

植毛について知識の少ない私ですが、人工毛植毛という言葉は耳にしたことがあります。

人工毛植毛とは、名前の通り人工でできた毛を移植する方法です。
自毛植毛よりも効果の即効性が期待できますが、人工毛は生え変わることがないため髪の毛を増やしたい場合や人工毛が劣化した場合に再度施術する必要があります。

また、自毛植毛の頭皮への定着率が85~95%程度に対して、人工毛植毛の定着率は80%~90%程度と下がってしまうそうです。
体は人工毛を異物と判断し体の外に押し出そうとします。移植して1年経つ頃には6~7割が抜け落ちてしまうため、髪の密度を維持するためには定期的な植え直しが必要となります。
1回の手術は自毛植毛よりも安いですが、メンテナンス費を考えると高額になってしまうでしょう。

人工毛植毛は定期的にクリニックへ行ける余裕があり、すぐに発毛を実感したい人にはいい方法かもしれません。
しかしながら、体への負担が大きいため、安全性のことを考えると自毛植毛の方がおすすめです。

自毛植毛の費用は?

気になる自毛植毛の費用ですが、
平均の費用相場は

  • 軽い薄毛の場合、20万~60万ほど
  • 全体的な治療の場合、100万~200万ほど

これくらいの費用がかかるそうです。

これはあくまでも相場であり、クリニックや施術方法によって費用の違いがあるので診療する前に事前に調べておくといいかもしれません。

自毛植毛の費用の決め方

自毛植毛の費用を決める際、1本いくらと1本単位で価格を決めるのではなく1株(グラフト)単位で費用を決めます。

1株(グラフト)あたりの髪の毛は1~4本。
クリニックでも「1株(グラフト)〇〇円~」と費用表記していることがほとんどだそうです。

自毛植毛の費用に保険は適用できる?

自毛植毛は安くない買い物です(>_<)
できることなら保険で費用を抑えたいのですが、自毛植毛は保険適用がされないみたいです。

自毛植毛は、歯科矯正や美容整形などと同じで自由診療(個人の自由で治療を受けること)なので費用を全負担する必要があります。

一括払いが難しい場合は、ローンやクレジットカード払いができるクリニックを選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

自毛植毛におすすめのクリニック

自毛植毛について調べていくなかで、良さそうなクリニックを見つけたので紹介します。

銀座HSクリニックです。
https://hoikushi-blog.com/
画像引用:銀座HSクリニック

銀座駅・新橋駅から徒歩5分とアクセスしやすいに場所にあります。
20時までやっているので仕事帰りでも通いやすそうですね♪

銀座HSクリニックのおすすめ理由

ここで、私が銀座HSクリニックをおすすめする理由を紹介します。

自毛植毛の凄腕!柳生医師

自毛植毛の費用とは?かかる費用について調べてみた!
画像引用:医学博士柳生邦良オフィシャルサイト

柳生医師は銀座HSクリニック総院長であり、

  • アメリカ毛髪外科学会専門医
  • 国際毛髪外科学会副会長
  • 国際毛髪外科学会特別賞
  • 国際毛髪外科学会秘書
  • イタリア毛髪外科学会シーザー賞
  • イタリア毛髪外科学会ティベリオ賞
  • 日本臨床毛髪学会平山賞
  • イタリア毛髪外科学会地中海賞

など、数々の名誉ある賞を受賞している凄腕の先生なんです!

自毛植毛は医師の技術によって差がでるみたいなので、柳生医師ほどの腕があると安心して施術を受けられると思います。

また、柳生医師の施術は必要なグラフト数だけを均等に採取するので傷跡が目立ちにくく、次の日から仕事にも通えるそうです。
私の父はなかなか仕事を休めないので、日帰り施術ができるのはとても助かります。

安心できる保証制度

銀座HSクリニックには安心できる保証制度があります。

一つ目は返金保証です。
これは、万が一治療に満足しなかった場合、治療費を返金してもらえるという制度です。
せっかく高い費用を支払ったのに満足いかなかったでは困ります。
このような返金保証制度があると契約の時も安心できますよね。

二つ目はプライバシーの配慮です。
薄毛治療はどうしても人目が気になると思います (><)
銀座HSクリニックは他の患者さんと遭遇しないようなつくりで、完全個室のプライベートな空間で施術を受けることができます。

銀座HSクリニックの自毛植毛の費用は?

銀座HSクリニックで自毛植毛の施術を受ける場合の費用は

  • 基本料 200,000円(税抜)
  • 1株  970円~3,900円(税抜)

が目安だそうです。
費用は個人によって異なるので無料カウンセリングで詳しく聞いてみるのがよさそうです。

自毛植毛の費用を調べてみて

今回、自毛植毛や費用について調べてみて、安くない買い物だけど悩みを解決できるなら支払ってもいい額かなと思いました(*^-^*)
医療ローンを活用するという選択肢もありますしね。
さっそく、調べた内容を母に伝えようと思います!